不動産の査定はどうしたらいいの?

投稿日:

不動産の査定はどうしたらいいの?

まずは、不動産の購入元に相談する

 

自分の持っている不動産の価値を知っておくのは、今の時代は特に大切なことです。そもそも、「住宅の取得は一生に一度の大仕事」とは一昔前の話ですよ。特に別荘を持っていて管理が難しくなり手放す方も最近は多いようです。また買い換える予定だが、今持っている不動産の売却価格を頼りにしている方もいるでしょう。「事初め」として、「購入した不動産業者」に相談することが一番です。また、メンテナンス等をやってもらっている会社に相談して、おおよその値段を把握することができます。

 

そもそも、不動産の査定はどのようにやっているか。

不動産業者が査定をする際に「物件調査」を行います。交通の便や日照や採光、道路幅員や方位、敷地の形状などによって評価が大きく変わります。さらに建物の調査であれば、建物がどのような状態かを調べます。更に土地であれば、価格を出すときに「土地の路線価」「地価公示価格」「標準価格」を元に打ち出すことが多いです。土地の路線価は年1回1月1日時点の価格が各国税局(税務署)から出されます。この時価の8割を目安として路線化がつけられます。一般的な査定方法としては、「査定対象地」に似ている地価公示地を探す作業からはじめます。査定地の前面の路線価を0.8で割ってみるという方法もあります。建物の査定に関しては「固定資産税用の価格」を根拠に査定することができます。独自の価格査定計算システムで価格を出す業者もあります。

 

ネット上の査定をお願いする

以前から付き合いのある不動産業者へ査定をお願いするといろいろ面倒で売却の依頼を断り辛いという方は、ネット上で査定をお願いするのもおすすめです。というのも複数の業者の査定を貰うことができます。ライフルホームズやスーモなどで査定サービスがあります。4~5社に見積もりをとることができます。見積もり依頼後は、何社からメールや電話で査定結果が来ます。例えばライフルホームズの査定サイトだと登録したメールアドレスに結果が届きます。例えば下記の通りです。

 

「不動産売却査定サービス」です。
お客様が査定を依頼された物件について、不動産会社より査定価格が届きました。
専用ページ・・・・

 

そして、専用ページへ行くと今回査定した額とコメントと査定した業者の案内が届きます。
以下のURLから専用ページにログインし、査定価格を確認してください。下記のような案内へ飛びます。

 

 

査定価格

受信日時:2018/07/07 19:22:39

3,300万円 〜 3,700万円

査定価格の説明:この度は査定のご依頼を頂き誠にありがとうございます。 今回の査定は周辺の成約事例を参考にご提示させて頂きました。 お客様の建物は『シャリオ五島町』かと推察されますが、 こちらの建物は大変築年数も浅く、取引事例もまだございませんが、

五島駅からのアクセスの良い、学区も人気のエリアです。分譲マンションの場合には室内の状況によって販売価格の増減がありますが まだ築8年ですので綺麗にお使い頂いているかと思います。

当社としましてもぜひお取り扱いさせて頂きたい物件です。

売却の事情等はそれぞれあるかと思いますが、

ぜひとも当社にお手伝いさせて下さい。

 

実際の売却の依頼、ご不明な点に関しましては

ポタットハウス加盟店 宅建建設株式会社

(03××××××××××)までお気軽にお問い合わせくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

宅建建設株式会社 ポタットハウス五島店 ポタットハウス五島店 源 吉紀

 

上記のように専用ページへ飛んだり、ざっとした査定結果を電話でお知らせしてくれたり、メールでしっかりとした査定結果の根拠について「報告書」をPDFで添付してくれたりと丁寧に対応してくれます。アプローチとしてはさまざまです。匿名での査定依頼もできます。匿名でないサイトでは多少勧誘はありますが、通常は査定サイトに登録している会社は割りと大手が多いのであまり追ってこないので安心です。

 

専門家による査定をしてほしいなら

 

「思いどおりの値がつけば手放したい」と思っているときなど、不動産の適正な価格を知ることは正しい取引を進める第一歩です。また不動産を買うとき、(等価)交換するときにも、不動産鑑定士による鑑定評価をしておけば、安心して取引をすすめられます。

売却するためなら不動産鑑定士は「不動産査定書」というものを作成します。ただ、15万円以上かかるので、通常は不動産鑑定士を通さずに査定することが多いです。裁判など国に提出するものなら、弁護士に不動産鑑定士による書類を提出するよう依頼されるでしょう。

ただ、鑑定士によって鑑定された価格が「売価」になるとはいえません。時代のニーズによっても不動産の価格は変化します。そのことを承知の上で鑑定するか決めていくとよいでしょう。

無料査定実施中 メールでの問い合わせはこちら


  
024-937-3067
[ł̂₢킹sY𔃂I肽I