不動産売却で必要な登記の種類と費用について

投稿日:

不動産売却で必要な登記の種類と費用について

 

不動産売却で必要な登記とは

 

通常売却をする際は、「不動産の名義」を変更する作業をします。不動産の名義を変える事は「登記簿」上の名義を変えることです。この登記手続きを依頼するのは。「司法書士」です。また、司法書士は間違いなく「所有権を移転」(不動産の名義を変えること)の依頼を全うしなければなりません。所有権以外の権利が付いていないか調べ、付いていればそれをどうするかを不動産業者を通して話し合い、適切な登記処理を行います。

「マイホーム購入」の典型的な例ですが、不動産を購入する際に金融機関から購入代金の一部を借りる時があります。その際、購入する不動産を「担保」にします。担保にする証拠に、抵当権という権利を登記簿に登記します。

売却する際まだローンが完済できずに、不動産に「抵当権」がついていることがあります。その際「抵当権抹消登記」が必要になります。その後に「所有権移転登記」を行います。更に、購入する側がローンを利用するなら、新しい名義の「抵当権」を設定することになるでしょう。これは一般的な例です。ただ、売却する側が住所変更していたにも関わらず、登記の住所変更をしていなければ住所変更登記が必要になることがあります。また、死亡して相続で子どもに渡ったが、相続登記をしていないで相続人が売却するときには相続登記が必要となります。複雑な登記をすると、費用もかかりますし、必要書類も多くなります。

 

不動産売却時に必要な登記費用について

 

売却時の登記についてはケースバイケースです。ただ必ず「所有権移転登記」は必要になります。気になるのはいくらかかるのかですね。

「司法書士」への報酬ですが、自由に司法書士が設定できるようになっております。不動産業者との付き合いのある先生にお願いするケースが多いです。所有権移転登記時ですが、良心的な価格設定をしてくれる先生なら、他の先生と比べて3~4万円違ってくることもあります。ただ、「登記費用相場」もあります。更に登記の種類によって手数料も違ってきます。

 

所有権移転登記

 

所有権移転登記にかかる金額としては①~③となります。

 

 ①登録免許税

 ②登記事項証明書

 ③司法書士への報酬

 

①、②に関しては実費になりま

①の登録免許税については固定資産評価額×20/1000で計算されます。

②は登記の情報見落としなく、全て確認ための証明書となっております。1通あたり600円です。若い司法書士の先生ならオンラインで証明書がとれますから、オンラインでとるならば480円または500円でとることが可能です。

③は前述の通り、司法書士の先生によってまちまちです。所有権移転登記だと4万5千円~が相場だといわれています。

 

抵当権抹消登記

 

抵当権が付いていれば、売却の際はローン額を消す作業が必要です。通常は不動産売却代金からローン未完済分を支払ってから金融機関が司法書士と連携してその作業を致します。抵当権抹消登記には下記の費用が必要となります。

 

 ①登録免許税

 ②登記事項証明書

 ③登記情報調査(全部事項)

 ④司法書士への報酬

 

①については、1不動産につき、1,000円かかります。売却予定の不動産が土地+建物であれば、2不動産ですから、2,000円となります。

②は登記の情報見落としなく、全て確認ための証明書となっております。1通あたり600円です。若い司法書士の先生ならオンラインで証明書がとれますから、オンラインでとるならば480円または500円でとることが可能です。

③については「事前調査」のために全部の登記事項が記載されている登記を取ります。1,000~1500円ほどかかります。

④について、相場としては15,000円となります。先生によって変わります。

 

見積もりを取ろう

 

なお、見積もり時には「不動産の公課証明書」が必要になります。

良心的な不動産業者ならいくつかの先生から見積もりを取り、安い先生に依頼するケースもありますよ。あまりにも高いと感じたら、直接登記をお願いする先生を探し、依頼することも可能な場合もあります。まずは、不動産取引業者へ相談してください。

無料査定実施中 メールでの問い合わせはこちら


  
024-937-3067
0246-68-8580
[ł̂₢킹sY𔃂I肽I
[ł̍肨₢킹͂