仲介を依頼する不動産会社の選び方

投稿日:

仲介を依頼する不動産会社の選び方

まずは複数の業者に査定を出してみる

不動産の査定については、不動産業者によって算定方法が違っている場合があります。会社独自のマニュアルを使うところもあれば、不動産流通機構が出しているマニュアルを使うところもあります。まずはホームズやスーモのサイトで複数の不動産業者に査定の依頼をとるのをおススメします。「一括査定」というものができます。更に、購入元の工務店や不動産業者に相談してみるのもよいでしょう。複数の査定をとって、納得できる査定をした業者を何社かピックアップしてみてください。

 

担当者と会ってみる

次に担当者と会ってみてください。「実店舗」がない業者ははっきりいって「危険」です。売却予定の不動産で立ち会った後に「名刺」を渡されると思います。信頼できる受け答えをしてくれる営業担当であれば、その名刺を元に業者の住所に行って見ましょう。

 

最終的に本当に任せて大丈夫かを把握する

不動産を売却する際にどの不動産業者に頼んだらよいでしょうか。よく広告に「売るなら弊社にお任せください」「秘密は守ります」と入っているけど、この業者に頼んだほうがよいのだろうか。しかしながら、不動産=こわいといったイメージがありますよね。確かに日本の不動産業界は「不透明」なイメージがつきものですよね。北川景子のドラマをみると、凄腕の営業マンが次々と売っていくといった感じですね。

しかしながら不動産業者になるには「不動産業」をするための手続きが必要です。例えばなにか損害を被った場合に「損害賠償」ができる財力があるか、犯罪歴がないかなどを調べます。更に5年に一度「更新」といった際に問題があれば、不動産業を営むことができません。「宅建業」の免許を持っている会社に預けてこそ、信頼できる会社といえます。

査定も納得いく形の価格が出て、かつ営業担当にも信用が置けるならば最終的に依頼する「不動産業者」が存在するかの確認を取ってください。というのも、ペーパーカンパニーという存在だった場合もないともいえません。そして、宅地建物取引業の免許番号を宅建協会に確認してください。おそらく名刺の下に宅建協会の所属ナンバーが書いてあります。ない場合はメールや電話で教えてもらいましょう。「申請中」といわれたら、危険です。宅建業の申請中には「宅建業の営業活動」を行えません。

最終的に、その業者に本当にその営業担当者が存在するかを確認してください。というのも、もともとその業者に働いていたが、実際は働いておらず、「詐欺」を働く者もいるからです。例えば、手付金を貰った後、連絡が取れなくなるケースもあります。大切な財産です。詐欺にあったら、大きな痛手となるでしょう。もちろん、その場合は通常元いた業者が「責任」をとって「損害賠償」をしてくれます。ただ、「シラ」を切る業者も中にはいるので、媒介契約の前に必ず業者の登録番号を宅建協会で確認してください。

 

大切な財産を「委託」する判断をするのはあなたです

「宅建業違反」や「詐欺」に巻き込まれなくても、「営業活動」を怠っている業者も中にはいます。本当に自分の委託した「不動産」が世の中に出回っているか確認してください。媒介契約をすると「レインズ」に登録され、「売り」に出されている物件だと日本全国の業者が把握できるからです。また、ホームズなどと連携してインターネットで広く「営業活動」を歌っているなら、自分の不動産がネット上で売りに出ているかもチェックしてください。もし、動きが遅ければ、「専属専任媒介契約」の期間が過ぎれば、別の業者に乗り換えることも可能です。自分の財産をどう動かすのかを決定するのは「自分」だという覚悟は絶対に必要です。それが「失敗」しない「コツ」だといえます。無料査定実施中 メールでの問い合わせはこちら


  
WEB来店予約特典WEB来店予約特典
024-937-3067
0246-68-8580
[ł̂₢킹sY𔃂I肽I
[ł̍肨₢킹͂