媒介契約の種類とポイント

投稿日:

媒介契約の種類とポイント

売却する不動産の価格を決断し、

委託する業者をある程度絞ったところで

気になるのは「委託する際の形態」です。

不動産業者に売却の仲介をお願いする際

「媒介契約」というものを書面で結びます。

むかーし、昔は口約束が多かったとのことです。

しかし、現在は宅地建物取引業法34条の1項と2項に定められているように

宅建業者は売買の媒介や代理をする場合には

必ず「書面化」しなければなりません。

業者はこの書面で「売買契約」に繋がるように努力をする宣誓をするのです。

「媒介契約」のタイプ

媒介契約には3種類あります。

①専属専任媒介契約

②専任媒介契約

③一般媒介契約

 

①の「専属専任媒介契約」とは一社オンリーで仲介をお願いする契約です。

重ねて他の不動産会社にお願いすることはできません。

この契約をすると、預けた物件が優先的に市場に出回る可能性が高くなります。

要するに、自分だけを選んでくれたからと不動産会社が力を入れて営業します。

ただ、デメリットもあります。

知り合いが「欲しい」と言っても直接契約はできません。

「専属専任媒介契約」を結んでいる業者を通して売る義務があります。

 

②の「専任媒介契約」はどうでしょうか。

この契約は①の「専属専任媒介契約」と同様一社オンリーの仲介です。

しかし、自分で見つけてきた相手なら直接売ることができます。

こちらのデメリットは、複数の会社に依頼ができません。

お客さんの目に多く触れられない可能性があります。

これは「専任専属媒介契約」も同じことが言えます。

 

では③の「一般媒介契約」はどうでしょうか。

大きな違いは「複数の不動産会社」で募集をかけることができることです。

たくさんのお客さんがこの物件を見ることができます。

ただ、どの不動産会社も委託した物件を「第一優先」として扱われません。

いつまでも決まらない可能性もあります。

募集の仕方以外の違いについて

媒介契約の違いは大きく言えば

「お客さんの募集」の方法が違います。

しかしながら、それ以外の違いがあります。

売却する不動産が世の中に出回るには

一般的に「レインズ」という機関に登録します。

一般専任媒介契約ではレインズの登録の義務はありません。

しかし上記の媒介契約以外はレインズの登録は必須であり、義務です。

更に細かく分かれます。

レインズに登録する「期限」に違いがあります。

専任専属媒介契約では締結日の翌日から「5日以内」となっています。

専任媒介契約では締結日の翌日から「7日以内」となっています。

また、活動報告の頻度も決まっています。

専任専属媒介契約では1週間に1回以上報告をする必要があります。

専任媒介契約では2週間に1回以上報告をする必要があります。

最後に「媒介契約」の有効期間も決まっています。

一般媒介契約では有効期間はありません。

しかし、上記以外の媒介契約は「3ヶ月以内」と決まっています。

 

なお、報酬額(いわゆる仲介手数料)については

どの媒介契約でも上限は決まっています。

下記の通りです。

 

報酬額規定表

仲介手数料は、売買代金×3%(+別途消費税)と計算します。
もし、ご自宅などの売却の場合は400万円を超える場合

委託する媒介契約書には「即算式」として

「売買報酬額×3%+6万円」と表記されています

(計算結果は変わりませんのでご安心ください。)

上記の内容の報酬額規定表は必ず不動産業者の事務所に掲示されております。

どの媒介契約にしろ、メリットやデメリットがあります。

重税前の「売却する」チャンスです。

是非、一度業者にお問い合わせください。


  
024-937-3067
0246-68-8580
[ł̂₢킹sY𔃂I肽I
[ł̍肨₢킹͂