位置指定道路や2項道路などの種類について

投稿日:

位置指定道路や2項道路などの種類について

土地から購入して家を建てる方や

古い家を購入して、いずれ建て替えようとしている方に

とても大切なことがあります。

それは、「前面道路の幅と間口の広さは何メートルあるか」です。

意外?なことですが、

ある一定の幅がないと建物を建てる又は、建て替えることができません。

道路と建物の関係って一体なんなのでしょうか。

今回は「道路」のお話を致します。

 

建築基準法と道路との関係は?

建築基準法42条では

建築物の敷地は建築基準法の道路に「2メートル」接しなければならない

と謳っています。

というのも、ある一定の幅の道路がないと

人や車が行き来できません。

また、日光や通風など生活環境の確保のためともいえます。

更に火災が発生した際、「緊急車両」が通ることができるギリギリラインといえます。

ここで、注目すべきなのは

「建築基準法の道路」です。

これから、建物を建てる上で大切な「道路」の話をしていきましょう。

 

道路の種類について

基本的に、建築物の敷地は

2メートル以上道路に接すること

道路は「4メートル」以上の幅員が必要であることが必要です。

建物を新築できるまたは、再建築可能な「前面道路」は

その条件が必要となります。

主な道路の種類は下記の通りです。

 

①建築基準法代42条1項道路

 幅員が4メートル以上のもの、指定区域によっては6メートル以上を要求されるケースも

1号道路:道路法による「道路」

 

2号道路:都市計画法、土地区画整理法などの諸法令による道路

 

3号道路:建築基準法施工時にあった幅員4メートル、若しくは6メートル以上の道路、いわゆる「既存道路」、

 

4号道路:2年以内に事業執行が予定される都市計画道路で、特定行政庁がしていしたもの、いわゆる「計画道路」

 

5号道路:幅員4メートルまたは6メートル以上の私道で、市町村などの特定行政庁が指定したもの。いわゆる「位置指定道路」

 

②建築基準法第42条2項道路

幅員4メートル未満の道路ではあるが、4メートルまたは6メートルとみなす道路、

いわゆる「みなし道路」

 

うちの前の土地はなんと言う種類なの?

と気になる方はご自分で調べることも可能です。

基本的に、不動産の所在地の市町村の役場の都市計画課にいけば

道路の種類が分かります。

インターネットが普及している今日では

家にいながら調べることもできます。

例えば郡山市であれば

「郡山市地理情報システム」というサイトで道路の種類を調べることができます。

 

https://www.sonicweb-asp.jp/koriyama2/map?theme=th_30#scale=3750

 

このように、道路が沢山ありますが、

注意して欲しいのは

5号道路の「位置指定道路」

建築基準法第42条2項道路、いわゆる「2項道路」です。

 

位置指定道路とは

 

位置指定道路を受ける道路のほとんどは「私道」です。

大きな分譲地に道路を作る際には

特定行政庁から「道路位置指定」を受ける必要があります。

注意して欲しいのは「私道」ということです。

基本的に、何か工事をするときは私道の所有者の「許可」が必要です。

土地の購入が決まった際は、必ず不動産業者に確認をしてください。

水道管やガス管の埋設は私道の所有者の承諾は必要ないと「法律」上なっていますが

ずっと住み続けるお家ですから

ご近所との関係は穏便に済ませる必要があります。

私道の所有者さんが分かり、顔見知りになれば

快適な生活が送れるはずです。

 

2項道路とは

 

建築基準法で定められた道路は

「幅員が4メートル以上」であることが求められています。

また、都市計画区域では

建築基準法上の道路に2メートル接していることも求められています。

しかし、昔からある道路はすべてこの条件に合致していないことが多く

一概に「この条件を飲まないと、違法建築物だ!」とすれば

日本中が大混乱になりますよね。

その救済措置として

「2項道路」、いわゆる「みなし道路」ができました。

「みなし道路」では「セットバック」の要件が必要になります。

つまり、再建築をするときは

道路の中心から2メートルもしくは3メートル後退した線と

敷地が交わる部分は建物を建てることができません。

塀や生垣も設置することができなくなります。

なお、すでにある塀を移動する費用は

行政が負担してくれるケースもあります。

セットバックが必要な土地を購入する予定のある方は

今ある土地の広さより狭くなる覚悟で購入をご検討ください。

 

路地状敷地とは

冒頭でも申しましたが、

建築物の敷地は

2メートル以上道路に接すること

道路は「4メートル」以上の幅員が必要であることが必要です。

注意しないといけないのは「路地状敷地」です。

業者からもらう物件情報としては

「敷地延長あり」とか

「旗ざお状敷地」と記載されています。

間口の広さが2メートルないと建物が建てられません。

特に建物がすでにある場合は見落としがちです。

道路の要件とともに確認をお願いします。

無料査定実施中 メールでの問い合わせはこちら


  
024-937-3067
[ł̂₢킹sY𔃂I肽I